スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の神武東征㊴ 沖縄から九州に拡大した倭人

ところでここまで調べていくうちにいくつかの疑問にぶつかった。

①種子島を失ったあとの倭国の最北端は屋久島のはずなのに、なぜ昔氏の領地を意味する「邪久」の表記がされたのか。

②そもそも倭国の本国は「大天=ウチヌ=沖縄」だったはずである。しかし「位宮=琉球」「竜宮=琉球」でもある。これはどう言う事か。

③「琉球=竜宮」だとすれば、種子島の「龍城国」はどうなるのか。

④位宮と脱解はどの様な関係にあるのか。


等である。


①と②に関しては簡単である。

倭国の中心が九州に移ったとき、沖縄に居た倭人も九州に移り住んだのだ。

その証拠として、『魏志倭人伝』に記された倭国連邦30カ国の原型は、ほとんどが現在の沖縄に残っている地名だと加治木氏は言う。

以下、加治木氏の説をご覧いただこう。


1「狗邪韓国」
この狗邪は「クジヤ」だが、これに合うのは現在の沖縄市の旧名「コザ」。
これは漢字では「古謝」と書くが、本当の発音は「クジヤ」でピッタリ一致する。

2「対馬」
「ツイマ・タイマ」が元の字音である。
今、奈良県にある当麻寺は「タイマ寺」。沖縄では中城村に「当間」がある。

3「一支」
「イキ」=これは現在の壱岐。
与那城(よなぐすく)村に「伊計(いき)」。平良市に「池間(いちま)}がある。

4「末盧」
「マツラ」=沖縄方言では<ラ>を<ダ>と発音する場合がある。
楽(ダク)。油(アンダ)。葛(カズラ=カンダ)。中村(ナカンダ)。
なので「マツラ」は「マツダ」と変わる。
宜野座(ぎぬざ)市に「松田」がる。

5「伊都」
「イツ」=「糸満市=伊都国(イツマ)ン(の)への当て字。

6「奴」
「ナ」=那覇市=奴国は「ナマ」。マ=馬=バ。
那覇は、初めは「ナバ」への当て字だったものが、「ナハ」と清音に変わったことになる。

7「不弥」
「フメ・フミ」=これは『倭人章』では「久留米」。
中国人は「漢」を「ハン」と発音する。
<カ>行<ハ>行に発音するから「クルメ」を「フーメ」と聞いたのである。
沖縄では「久米(くめ)島」。「古見(くみ)」竹富町。「来間(くるま)」下地村」。

8「投馬」
「トウマ」=「当間」。
「桃原(とうばる)」も「投馬トウバ・国ラ」である。
この重箱読みの地名は、那覇市、西原市、沖縄市、国頭(くにがみ)村、与那城村にある。

9「邪馬臺」
「山田」が名護市と恩納市にあるが「ジャムディ」に合うものはない。

10「邪馬壹」
この当て字に合う「ヤマンチ」は「山内」で、沖縄市にある。
 
11「斯馬」
「シマ」=「島尻(しまじり)」が島尻郡、平良市、仲里村、伊平屋(いひや)村にある。

12「己百支」
「キモチ」と読めば「久茂地」が那覇市にある。

13「伊邪」
「イサ・イセ」=「伊佐」宜野湾市。「伊是名村」。

14「都支」
「トキ」=「渡喜仁(ときじん)」今帰仁(なきじん)村。「渡慶次(とけじ)」読谷(ゆんだん)村。

15「弥奴」
「ミナ」=「水納」多良間島。

16「好右都」
「コウツ」=「古宇利」今帰仁村。「高離(古名)今の宮城」与那城村。

17「不呼」
「フコ=フク」=「福地」糸満市。「福里」城辺町(宮古)。

18「姐奴」
「チナ」=「知名」「知念」知念村。

19「対蘇」
「トウソ」。
「豊見城」は(南九州方言)では「トミゾ」と発言する。
豊見(とみ)城村。

20「蘇奴」
「ソナ・スナ」=「砂辺」北谷村。

21「呼邑」
「ゴヤゥ」=「胡屋(ごや)」沖縄市。

22「華奴蘇奴」
ぴったりのものはないが「仲宗根」は南九州方言なら「ナカンソン」と発音することも可能である。
この方言は語頭の「ナ」が聞きとりにくいから、「カンソン」だけに「華奴蘇奴」と当て字された可能性もあ  る。
無関係と切り捨てるのは間違いである。
「仲宗根」は平良市。沖縄市。今帰仁村に分布。

23「鬼」
「知花」沖縄市。
これは「キ=チ。バ=マ=国。ナ=国」とみると、マとナの二つの「国」の呼び方が重なっているのがみられる。
こうした実例はこの地方でたくさんみられる。
これは別の呼び方をもった人々が、次々に移住してきて前の国名の意味が分からないまま、自分たちの呼び方  の「国」を、くっつけていった痕跡である(例、慶+国ラ=キラ。+国マ=キラマ。+之国シマ=キラマシマ=慶良間島)。

24「為吾」
これは後世「為イ吾ワレ」=「イワレ」と読まれた地名の原型である。
「伊波」石川市。「伊覇」東風平(くちんだ)村。「伊原」佐敷村。

25「鬼奴」
「キナ・チナ」=「喜名」読谷村。「知名」知念村。「宜名真(ぎなま)」国頭村

26「邪馬」
「ザマ」=「座間見」村。

27「躬臣」
「カンジン」と読むと「兼次(カニジ)=今帰仁村」が近いがキュンジンと読むと「今(キン)帰仁村」の方が近くなる。
「今帰仁」の今の発音は「ナキジン」。

28「巴利」
「ハリ」=沖縄の三母音語はマレー語の影響がたくさんみられるから、「ハリ=日」とみると、「平=ヒラ=日国」で「平良」市のことになる。

29「支惟」
「キイ・チヂワ」=沖縄の古名は「キヌ・チヌ」で、それが後に「紀」や「紀伊」と書かれた。
これは広く沖縄を指しているが、これは漢・魏時代の上古音で読むと「チヂワ=千々石=長崎県大村湾の古名」に一致する。
沖縄の「喜舎場(チジャバ)」は鹿児島市の「騎射場」とともに「チヂハ=チヂワ」と同じものへの沖縄型当て字で、それらのルーツに当たる。

30「烏奴」
「恩納(ウンナ)」がよく合うが、「宇根」仲里村。「宇良」国頭村なども同じ仲間である。
これを「ウド」と読むと「大度」糸満市。「大堂」本部町などが合う。








続く



テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

謎の神武東征㊳ 脱解王記検証 ②

前書き:久々の更新&「謎の神武東征シリーズ」ですm(_ _)m



『これは始祖・赫居世の在位三十九年のことである』

これはそのままの意味である。

『その時、海辺の老婆が(船を)縄で引き寄せて海岸に繋留させた。これを開けて見ると、一人の童児が中にいた。その老婆はこれを拾得して養育した』

これは「海」を「川」に、「船(卵)」を「桃」に置き換えると、「老婆が川で大きな桃を拾い、開けてみると中から一人の男の子が生まれた」とする「桃太郎」と同じ物語になる。

『成長すると身長九尺、風貌は秀逸で明朗、智識は人に優れていた』

これに関しては、開聞岳の西に古くから「頴娃(エイ)」と呼ばれた地域がある。

「頴」は「優れる」との意味で、「娃」は「美しい」「子供」などの意味があるから、「頴娃=優れた美しい子供」との意味で、これは『風貌は秀逸で明朗、智識は人に優れていた』とする「脱解王」の記事に一致した地名という事になる。

ある人の曰く「この児の氏素性は分からないが、流れ着いた時に一羽の鵲(カササギ)が飛来し、鳴きながら随伴したので、この鵲の字を省略して、昔を姓とした。また、箱を解いて出てきたのだから、脱解と名付ける』

これについては少なくとも「アメノヒボコ」が「天の昔氏」と呼ばれていた当時から「昔姓」用いているはずなので、鵲云々の話は後付けだと分かる。

もっと詳しく説明するなら、脱解の父王は「女国=恩納村」の王女を娶ったのだから、父王の国は沖縄の近くにあったはずである。

となると父王の国は「琉球=リュウキュウ=リュウギュウ=リュウグウ=竜宮」であった可能性も捨てきれない。

また種子島の南西にある屋久島は、古代「邪久」と書いた。

これもそのまま読めば「ジャク=昔」だから、昔氏の領地なのだ。


そして『新羅本紀』にはこの記述に続いて以下の記事がある。

『脱解は初め、漁釣りを生業と為し、その母を供養し、未だかつて懈怠の様子はなかった』

これもどことなく「海幸」や、「漁師をして両親を養っていた」と言われる「浦島太郎」を連想させる記事だ。




続く




テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

「中国、対日経済制裁の発動で破綻?」 産経新聞記事より

先日、当ブログで「結局、領土問題で破滅するのは中・韓・露の3国」と述べたが、産経新聞に以下の記事を見つけた。(以下転載)


日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議し、北京の日本大使館前などで連日繰り広げられてきた反日デモは20日、前日に引き続き、中国の公安当局によって押さえ込まれ、中国当局の“対抗戦術”の中心が、艦船派遣や経済制裁といった第2段階に移っている。

日本企業は操業や営業を再開したが、日中貿易への影響や日中関係のさらなる悪化を懸念する声が、中国国内からも上がり始めている。

 日本との貿易に従事する中国企業の総支配人は共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報(英語版)に対し、「今後、経済制裁が強化され、中国国内の日本企業が操業を停止した場合、多くの中国人労働者が職を失う。仕事もなしに、どうやって家族を養うお金を稼ぐことができるのか」と述べた。

 さらに、「日本製品の輸入に関わる中国企業も顧客を失うことになる」として“破綻”の危険を指摘。外交上の対抗措置は支持しているものの、「民間レベルの経済交流は影響を受けるべきではない」と行き過ぎた経済制裁の発動に懸念を示した。

当局の姿勢を支持する学者でさえも、「経済制裁はもろ刃の剣だ。中国経済への影響も考慮しなければならない」と警鐘を鳴らしている。(転載終了)


いかがだろうか?

ノストラダムスが予言した内容の通りに事態が動いているのがお分かりだろう。


同じことは竹島を不法占拠している韓国にも言える。

韓国の主要輸出産業に発展した「韓流」の最大の輸出国は、日本だからだ。

「韓流」は日本を主要マーケットと位置づけてきたのだが、両国の関係が悪化すれば、当然日本人の中にも「嫌韓」の意識が強くなる。

そうなれば「韓流」は日本では見向きもされなくなることは必然だ。

となると日本のTV業界や音楽業界などは、視聴率や売上の取れない「韓流」を自然と扱わなくなる。

その時、ノストラダムスの言う様に、韓国もまた経済的に破綻を迎えることは間違いなく、日本の経済支援がどうしても必要になる。

しかし日本は領土問題から経済支援を渋り、韓国はノストラダムスが言う様に、「霧雨の日の光を浪費する」事になるのだ。


第三次大戦の引き金?アラブ諸国の反米デモ

今年の元日と1月3日、私は当ブログにノストラダムスの予言詩を引用して記事を書いたのをご記憶だろうか。


----------------------------------------------------------------------------------------

<2012年1月1日の記事>

1巻の9

オリエントからカルタゴ魂が来る

アドリア人と黒いローマ人を魅惑する

軍隊に同行するのはリビア人

マルタと近隣の島々、震え上がる



「オリエント」は今の中近東。

「カルタゴ」は今のリビアを中心に栄えたフェニキア人の植民国家で、「狡猾、不誠実、裏切り者」の代名詞。

その「狡猾で不誠実な裏切り者」の「カルタゴ魂」を持った支配者が「オリエント=中近東」からやって来る。

<中略>

そして「軍隊」とあるのだから、この「中近東から来るカルタゴ魂の支配者」は、軍隊を引き連れている事が分かり、そのイスラム教徒軍とリビア軍が一緒になって、マルタ島付近の地中海に進出し、当然付近の島々の人たちは、恐怖に「震え上がる」事になる。



<1月3日の記事>

またこのマルタ島の危機が、「1巻の9」にある「イタリア紛争」に際し、「イスラム・リビア連合軍が地中海に進出した時」だとすれば、「アフリカの大物」とは「カダフィ氏の跡を継いだリビアの新しい独裁者」の事になる。


----------------------------------------------------------------------------------------

当時はリビアのカダフィ政権が倒れた後でであり、まさかリビアがまた暴走するなど考えてもいなかった方がほとんどだろう。

しかしアラブ各国に発生した「反米デモ」は、リビアを再び暴走させるに至った

----------------------------------------------------------------------------------------

リビアやエジプトで発生したイスラム教の預言者をからかう米映画に反発する民衆の反米デモは12日夜(日本時間13日未明)、チュニジアなど周辺国に飛び火し、イスラム圏全域へと拡大する様相を見せ始めた。

リビア東部ベンガジの米領事館襲撃事件について、米政府内では、米同時テロから11年の機会をとらえた計画的テロとの見方も浮上している。

チュニジアの首都チュニスでは12日、米大使館前に集まった約50人が米国旗を燃やした。エジプト・カイロの米大使館前のデモは、12日も夜通し行われた。モロッコやスーダン、パレスチナ自治区ガザ市でもデモがあった。

襲撃事件では、米領事館内にいたクリストファー・スティーブンス駐リビア大使(52)と職員3人が死亡。米政府高官は12日、襲撃は「計画された軍事攻撃なのは明白だ」と述べ、米映画への抗議行動が過激化した結果ではなく、武装勢力による計画的犯行との見方を示した。米当局のテロ対策担当者もAP通信に、「(襲撃が)自然発生したと見るには、連携がとれ、訓練され過ぎている」と述べた。

ロイター通信は、米領事館職員の誘導に当たったリビア政府系民兵組織幹部の話として、米国人37人が領事館などから退避した秘密の避難場所が11日夜、武装勢力によって正確に砲撃された事実を明らかにした。

(2012年9月13日13時42分 読売新聞より転載)

----------------------------------------------------------------------------------------

私はノストラダムスの予言をもとに、「イスラム軍が欧州に侵攻して第三次大戦が起こる」と予測していたが、どうやらアメリカによってその引き金が引かれてしまったようだ…

今後も予言詩をもとに、必要な情報を掲載していこうと思う。


テーマ : 予言に関するもの
ジャンル :

ノストラダムスで見る、日本の領土問題②

「ノストラダムスで見る、日本の領土問題①」で、「破滅」と言ったが、4巻の84には「哀れに滅びる」との表現の以下の詩がある。


4巻の84

ダウセリの大物、とても哀れに滅びる

連中を追放する光った連中のもとに出廷する

きつく鎖で縛った後に、耐え難い1本のロープ

その年、マルスは出廷する金星と太陽を覆う



この「ダウセリの大物」との謎の名詞であるが、加治木 義博氏によると「ダウセリ」とは、「証券の代名詞であるダウを競る=ダウ競り」との意味で、証券界・経済界の大物の事。

その大物が「哀れに滅びる」のだ言う。

ここでふと思い浮かんだのが、9月10日夕方に自殺したとみられている松下忠洋郵政民営化・金融担当大臣だ。

松下大臣は金融担当であるから、「証券界・経済界を取りまとめる大物」と言っても過言ではない。

その大臣が自殺という形で「哀れに滅んで」しまった。


しかし「連中を追放する光った連中のもとに出廷する」人物がいるのだから、滅びるのは松下大臣だけではない様だ。

「連中を追放する光った連中」とは、不正取引などに目を光らせている警察や司法当局、公正取引委員会など。

「きつく鎖で縛った後に、耐え難い1本のロープ」とは、手錠をかけられた上に腰縄を付けられた、犯人が逮捕された後の様子。

これは証券不祥事や汚職事件などが多発すると言った予言だ。


そして「その年、マルスは出廷する金星と太陽を覆う」のだと言う。

「マルス」は火星で「軍事」の事、「金星」は中国、「太陽」は日本の比喩。

これから読み取れるのは、「金融・証券不祥事が起こったその年、中国と日本が軍事問題で出廷する」との予言だ。

今現在、日中間での最大の懸案は尖閣諸島の領有権問題だから、尖閣諸島をめぐって両国間で軍事に関係する何らかの小競り合いが生じる可能性が高い。

しかし両国は「出廷する」のだから、これは国連安保理かハーグの国際司法裁判所であり、本格的な武力衝突にはこの時点では至らないとの意味。


いずれにしてもノストラダムスが教えてくれている、「金融・証券不祥事が起こる年」に注意が必要だ。







プロフィール

yoshi

Author:yoshi
1977年生まれ。

10歳で「ノストラダムス」本を読み始め、14歳で加治木 義博氏の著書「真説 ノストラダムスの大予言」に出会う。

その後20歳を過ぎてから、生来の「不思議好き」「歴史好き」もあって、加治木氏の著書をもとに独自の考察を加えながら、本格的に「ノストラダムス」「古代日本史」の研究を趣味で始め、現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。