スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の神武東征㊴ 沖縄から九州に拡大した倭人

ところでここまで調べていくうちにいくつかの疑問にぶつかった。

①種子島を失ったあとの倭国の最北端は屋久島のはずなのに、なぜ昔氏の領地を意味する「邪久」の表記がされたのか。

②そもそも倭国の本国は「大天=ウチヌ=沖縄」だったはずである。しかし「位宮=琉球」「竜宮=琉球」でもある。これはどう言う事か。

③「琉球=竜宮」だとすれば、種子島の「龍城国」はどうなるのか。

④位宮と脱解はどの様な関係にあるのか。


等である。


①と②に関しては簡単である。

倭国の中心が九州に移ったとき、沖縄に居た倭人も九州に移り住んだのだ。

その証拠として、『魏志倭人伝』に記された倭国連邦30カ国の原型は、ほとんどが現在の沖縄に残っている地名だと加治木氏は言う。

以下、加治木氏の説をご覧いただこう。


1「狗邪韓国」
この狗邪は「クジヤ」だが、これに合うのは現在の沖縄市の旧名「コザ」。
これは漢字では「古謝」と書くが、本当の発音は「クジヤ」でピッタリ一致する。

2「対馬」
「ツイマ・タイマ」が元の字音である。
今、奈良県にある当麻寺は「タイマ寺」。沖縄では中城村に「当間」がある。

3「一支」
「イキ」=これは現在の壱岐。
与那城(よなぐすく)村に「伊計(いき)」。平良市に「池間(いちま)}がある。

4「末盧」
「マツラ」=沖縄方言では<ラ>を<ダ>と発音する場合がある。
楽(ダク)。油(アンダ)。葛(カズラ=カンダ)。中村(ナカンダ)。
なので「マツラ」は「マツダ」と変わる。
宜野座(ぎぬざ)市に「松田」がる。

5「伊都」
「イツ」=「糸満市=伊都国(イツマ)ン(の)への当て字。

6「奴」
「ナ」=那覇市=奴国は「ナマ」。マ=馬=バ。
那覇は、初めは「ナバ」への当て字だったものが、「ナハ」と清音に変わったことになる。

7「不弥」
「フメ・フミ」=これは『倭人章』では「久留米」。
中国人は「漢」を「ハン」と発音する。
<カ>行<ハ>行に発音するから「クルメ」を「フーメ」と聞いたのである。
沖縄では「久米(くめ)島」。「古見(くみ)」竹富町。「来間(くるま)」下地村」。

8「投馬」
「トウマ」=「当間」。
「桃原(とうばる)」も「投馬トウバ・国ラ」である。
この重箱読みの地名は、那覇市、西原市、沖縄市、国頭(くにがみ)村、与那城村にある。

9「邪馬臺」
「山田」が名護市と恩納市にあるが「ジャムディ」に合うものはない。

10「邪馬壹」
この当て字に合う「ヤマンチ」は「山内」で、沖縄市にある。
 
11「斯馬」
「シマ」=「島尻(しまじり)」が島尻郡、平良市、仲里村、伊平屋(いひや)村にある。

12「己百支」
「キモチ」と読めば「久茂地」が那覇市にある。

13「伊邪」
「イサ・イセ」=「伊佐」宜野湾市。「伊是名村」。

14「都支」
「トキ」=「渡喜仁(ときじん)」今帰仁(なきじん)村。「渡慶次(とけじ)」読谷(ゆんだん)村。

15「弥奴」
「ミナ」=「水納」多良間島。

16「好右都」
「コウツ」=「古宇利」今帰仁村。「高離(古名)今の宮城」与那城村。

17「不呼」
「フコ=フク」=「福地」糸満市。「福里」城辺町(宮古)。

18「姐奴」
「チナ」=「知名」「知念」知念村。

19「対蘇」
「トウソ」。
「豊見城」は(南九州方言)では「トミゾ」と発言する。
豊見(とみ)城村。

20「蘇奴」
「ソナ・スナ」=「砂辺」北谷村。

21「呼邑」
「ゴヤゥ」=「胡屋(ごや)」沖縄市。

22「華奴蘇奴」
ぴったりのものはないが「仲宗根」は南九州方言なら「ナカンソン」と発音することも可能である。
この方言は語頭の「ナ」が聞きとりにくいから、「カンソン」だけに「華奴蘇奴」と当て字された可能性もあ  る。
無関係と切り捨てるのは間違いである。
「仲宗根」は平良市。沖縄市。今帰仁村に分布。

23「鬼」
「知花」沖縄市。
これは「キ=チ。バ=マ=国。ナ=国」とみると、マとナの二つの「国」の呼び方が重なっているのがみられる。
こうした実例はこの地方でたくさんみられる。
これは別の呼び方をもった人々が、次々に移住してきて前の国名の意味が分からないまま、自分たちの呼び方  の「国」を、くっつけていった痕跡である(例、慶+国ラ=キラ。+国マ=キラマ。+之国シマ=キラマシマ=慶良間島)。

24「為吾」
これは後世「為イ吾ワレ」=「イワレ」と読まれた地名の原型である。
「伊波」石川市。「伊覇」東風平(くちんだ)村。「伊原」佐敷村。

25「鬼奴」
「キナ・チナ」=「喜名」読谷村。「知名」知念村。「宜名真(ぎなま)」国頭村

26「邪馬」
「ザマ」=「座間見」村。

27「躬臣」
「カンジン」と読むと「兼次(カニジ)=今帰仁村」が近いがキュンジンと読むと「今(キン)帰仁村」の方が近くなる。
「今帰仁」の今の発音は「ナキジン」。

28「巴利」
「ハリ」=沖縄の三母音語はマレー語の影響がたくさんみられるから、「ハリ=日」とみると、「平=ヒラ=日国」で「平良」市のことになる。

29「支惟」
「キイ・チヂワ」=沖縄の古名は「キヌ・チヌ」で、それが後に「紀」や「紀伊」と書かれた。
これは広く沖縄を指しているが、これは漢・魏時代の上古音で読むと「チヂワ=千々石=長崎県大村湾の古名」に一致する。
沖縄の「喜舎場(チジャバ)」は鹿児島市の「騎射場」とともに「チヂハ=チヂワ」と同じものへの沖縄型当て字で、それらのルーツに当たる。

30「烏奴」
「恩納(ウンナ)」がよく合うが、「宇根」仲里村。「宇良」国頭村なども同じ仲間である。
これを「ウド」と読むと「大度」糸満市。「大堂」本部町などが合う。








続く



スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
1977年生まれ。

10歳で「ノストラダムス」本を読み始め、14歳で加治木 義博氏の著書「真説 ノストラダムスの大予言」に出会う。

その後20歳を過ぎてから、生来の「不思議好き」「歴史好き」もあって、加治木氏の著書をもとに独自の考察を加えながら、本格的に「ノストラダムス」「古代日本史」の研究を趣味で始め、現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。