スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の神武東征㉝ 「海幸山幸の伝承」

「ホオリ」が「神武天皇」であり、「位宮」「伊支馬」と同一人物である事は分かったが、ここで「ホオリ」が登場する「海幸山幸」の伝承を見てみる事にしよう。


兄のホデリは海佐知毘古(うみさちびこ)として大小の魚をとり、弟のホオリは山佐知毘古(やまさちびこ)として大小の獣をとっていた。

ある時ホオリは兄のホデリに、それぞれの道具を交換してみることを提案し、ホデリは三度断ったが、少しの間だけ交換することにした。

ホオリは兄の釣針で魚を釣ろうとしたが1匹も釣れず、しかもその釣針を海の中になくしてしまった。

兄のホデリも獲物ることができず、「山の幸も海の幸も、自分の道具でなくては得られない」と言って自分の道具を返してもらおうとした。

ホオリが釣針をなくしてしまったことを告げると、ホデリはホオリを責め取り立てた。

ホオリは自分の十拳劔から1000の釣針を作ったが、ホデリは「やはり元の釣針が欲しい」として受け取ろうとしなかった。

ホオリが海辺で泣き悲しんでいると、そこに塩椎神(しおつちのかみ。潮流の神)がやって来て、ホオリが事情を話すと、塩椎神は小船を作ってホオリを乗せ、綿津見神(海神・わたつみ)の宮殿へ行くように言った。

教えられた通り綿津見神の宮殿へ行き、そこで待っていると、海神の娘のトヨタマヒメの侍女が水を汲みに外に出て来た。

ホオリが水が欲しいと求めたので、侍女は水を汲み器に入れてホオリに差し上げると、ホオリは水を飲まずに首にかけていた玉を口に含んでその器に吐き入れた。

すると玉が器にくっついて離れなくなったので、侍女は玉のついた器をトヨタマヒメに差し上げて、事情を話した。

不思議に思って外に出てみたトヨタマヒメは、ホオリを見て一目惚れした。

父である海神も外に出て、そこにいるのが天孫ニニギの子の虚空津日高(そらつひこ・ホオリの尊称)であると言い、すぐに娘のトヨタマヒメと結婚させた。

こうして、海神の元で三年間暮したが、 三年間たって、ホオリはここに来た理由を思い出し、深い溜息をついた。

海神が溜息の理由を問うたので、ホオリはここに来た事情を話した。

海神は魚たちを呼び集め、釣針を持っている者はいないか問うと、赤鯛の喉に引っかかっていることがわかった。

海神は釣針と鹽盈珠(しおみちのたま)・鹽乾珠(しおひのたま)をホオリに差し出し、「この釣針を兄に返す時、『この針は、おぼ針、すす針、貧針、うる針(憂鬱になる針、心が落ち着かなくなる針、貧しくなる針、愚かになる針)』と言いながら、手を後に回して渡しなさい。兄が高い土地に田を作ったらあなたは低い土地に、兄が低い土地に田を作ったらあなたは高い土地に田を作りなさい。兄が攻めて来たら鹽盈珠で溺れさせ、苦しんで許しを請うてきたら鹽乾珠で命を助けなさい」と言った。

そして和邇(わに/鮫の事)に乗せて送って差し上げた。その和邇は今は佐比持神(さいもちのかみ)という。

ホオリは海神に言われた通りに釣針を返し、言われた通りに田を作った。

海神が水を掌っているので、兄のホデリの田には水が行き渡らず、ホデリは貧しくなっていった。

さらにホデリが荒々しい心を起こして攻めて来たが、ホオリは塩盈珠を出して溺れさせ、火照命が苦しんで許うと、塩乾珠を出して救った。

これを繰り返して悩み苦しませるとホデリは頭を下げて、ホオリに昼夜お守りすると言った。





続く
スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

yoshi様

いつも七曜高耶様のところでコメントを書かせていただいていますsapporojinと申します。

いつもこのブログを拝見させていただいてます。

今日お邪魔したのは一つyoshi様にお願いがあるのですが、日月神事を解読していただけないでしょうか。

実は私もノストラダムスの解読に挑戦したこともあったのですが、あまりにも難解で挫折してしまいました。

前文か後書でノストラダムス本人が言っている通り3797年までのことをわざと難解に書いているため一般にはわかりにくくなってます。

それを解読するyoshi様の行動力には敬服します。

そこであくまで承諾して下さるならですが、日月神示をぜひ解読していただけないでしょうか。

どうもこれからの日本について重要なことが述べられているようなのですが、今ひとつ誰の解説も納得できるものはありませんでした。

そこでyoshi様にお願いしたいのです。

どうか難解な日月神示を承諾していただけるのなら、解読をお願いします。

Re: sapporojin様

当ブログへの初コメント、ありがとうございますw

「日月神事」は私も解読に挑戦したことがありますが、ノストラダムスや古代史よりもはるかに難解です。

その解読で私が知り得たのはごく一部ですが、以下の内容です。


①日月や星の異変が起こる

②その時、北方から我が国を侵略する勢力がある

③その勢力は「ロシアに落ちた悪神の親玉」

④出口王仁三郎氏によれば、その悪神の正体は、戦いに敗れて我が国から落ち延びた「ヤマタノオロチ」

⑤これがきっかけで、「三千世界の立て直し」が始まる


時間はかかるかも知れませんが、再度解読に挑戦してみますね。

No title

ありがとうございます。

楽しみにしています。
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
1977年生まれ。

10歳で「ノストラダムス」本を読み始め、14歳で加治木 義博氏の著書「真説 ノストラダムスの大予言」に出会う。

その後20歳を過ぎてから、生来の「不思議好き」「歴史好き」もあって、加治木氏の著書をもとに独自の考察を加えながら、本格的に「ノストラダムス」「古代日本史」の研究を趣味で始め、現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。