スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の神武東征㉛ 「山上王・位宮」は「邪馬壹王・伊支馬」

「生き馬の目を抜く」のことわざを引き合いに出したのは、単なる駄洒落ではない。

「位宮国」を「イキュウマ=生き馬」と読むと、『魏志倭人伝』に記録されたある人物が浮かび上がってくるのだ。

それは「邪馬壹国の筆頭官」であるとされる「伊支馬(イシマ)」である。

以前、中国の史書には邪馬台国に関して、「邪馬臺と邪馬壹の二つの表記がある」とお話したが、その「邪馬壹国の筆頭官」だ。

この「伊支馬」と「位宮」がどう関連するのか、検証してみよう。

まず「生き馬」は「イキマ」と読むと、「伊支馬=イキマ」と同じ発音であるし、「位宮」を「イキウ」と読めば、「イキウ国」は「イキウマ=生き馬=伊支馬」だ。

また「イキマ」は当て字すると「壱岐国」「イキウ」も当て字すると「壱岐王」だから、彼は「壱岐を領土に持つ王」でもあったのだ。

そして沖縄・南九州では「琉球」を「リキュウ」と発音するが、朝鮮語では「李=リ」を「イ」と発音するから、「位宮=イキュウ=リキュウ=琉球」で「位宮」とは「琉球」の朝鮮語訛りであった事になり、「位宮王=琉球王」となる。

つまり「位宮」は「高句麗王」として熊本・北鮮を領有していたばかりか、「壱岐王」「琉球王」として壱岐・琉球をも領土としていたのだ。

しかし彼は魏に敗れて北鮮を追われて熊本に戻り、赫居世に協力して卑弥呼の倭国に対し戦いを起こした事は既に検証済みだが、これを裏付ける証拠が『三国史記』に記載されている。

『三国史記・高句麗本紀』には、「位宮の死後、山上陵に葬ったので、山上王と諡した」とあるが、これだけの大領土を治めた王であり、『三国志・高句麗伝』が特筆大書している人物である。

その大物が「山の上の陵」と言う、ありきたりな場所に埋葬されるであろうか。

この「山上」は、もっと大きな意味を持っているはずである。


ここで「山上」を「サンジョウ」ではなく「ヤマカミ」と読めば、この「ヤマ」に対応する国名は「邪馬」「邪馬臺」「邪馬壹」である。

また「位宮」は「イキウ」で、これを沖縄語で読めば「イチウ=イチ王」、そして「邪馬壹国の筆頭官」は「伊支馬=イチマ=壹国」だ。

これらを総合してみると、「邪馬壹王」は「ヤマイチウ」だから、これは「山位宮」と当て字しても沖縄語では同じものだったのだ。

また「位宮」の別名は「延優(エンユウ)」とも記されているが、鹿児島県には「神代三山陵」のひとつである、「高屋山上陵(たかやのやまのえのみささぎ)」がある。

このうち「高屋」は「国」を「ラ」「マ」「ヤ」「ナ」と呼んだ名残だとすると「高屋=タカヤ=高国」で「高句麗」の事だし、「延優」の「エノ=エン」と「山上王」の「山上」という、「位宮」の二つの名乗りが重なっている。

この場所こそ「山上王・位宮」の陵墓なのであり、彼はその場所で今も崇め続けられている「山上=ヤマガミ=山神」なのだ。











続く






スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
1977年生まれ。

10歳で「ノストラダムス」本を読み始め、14歳で加治木 義博氏の著書「真説 ノストラダムスの大予言」に出会う。

その後20歳を過ぎてから、生来の「不思議好き」「歴史好き」もあって、加治木氏の著書をもとに独自の考察を加えながら、本格的に「ノストラダムス」「古代日本史」の研究を趣味で始め、現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。