FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 日本史に於ける呉越 ③

長州藩は会津藩と薩摩藩による宮中クーデターである8月18日の政変で失脚し、朝廷では公武合体派が主流となっていた。

しかし尊皇攘夷派は勢力挽回を試みており、これを察知した京都守護職である会津藩主・松平容保は配下の治安維持組織である新選組を用いて市内の警備や捜索を行わせた。

政変の翌年である1864年5月下旬頃、諸士調役兼監察の山崎烝・島田魁らの探索によって炭薪商を経営する古高俊太郎の存在を突き止め会津藩に報告。武器や長州藩との書簡等が発見された。

古高を捕らえた新選組は、土方歳三の拷問により古高を自白させた。

自白内容は、「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉。一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ連れ去る」というものであった。

さらに探索によって、長州藩・土佐藩・肥後藩等の尊皇派が古高逮捕をうけて襲撃計画の実行・中止について協議する会合が池田屋か四国屋に於いて行われる事を突き止めた。

元治元年6月5日(1864年7月8日)、京都三条木屋町の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊皇攘夷派志士を新選組が襲撃、尊攘派は吉田稔麿・北添佶摩らの逸材が戦死し、大打撃を受ける。

世に言う「池田屋事件」である。

御所焼き討ちの計画を未然に防ぐ事に成功した新選組の名は天下に轟いたが、長州藩の福原越後や益田右衛門介、国司信濃の三家老等の積極派は、「藩主の冤罪を天皇に訴える」ことを名目に挙兵を決意。

長州藩毛利家は、激高した強硬派に引きずられる形で率兵上洛する。

益田右衛門介・久坂玄瑞らは山崎天王山、宝山に、国司信濃・来島又兵衛らは嵯峨天龍寺に、福原越後は伏見長州屋敷に兵を集めて陣営を構えた。

この不穏な動きを察知して、薩摩藩士・吉井幸輔、土佐藩士・乾市郎平正厚、久留米藩士・大塚敬介らは議して、長州藩兵の入京を阻止せんとの連署の意見書を、同7月17日朝廷に建白した。

朝廷内部では長州勢の駆逐を求める強硬派と宥和派が対立し、18日夜には有栖川宮幟仁・熾仁両親王、中山忠能らが急遽参内し、長州勢の入京と松平容保の追放を訴えた。

禁裏御守衛総督・一橋慶喜は長州藩兵に退去を呼びかけるが、一貫して会津藩擁護の姿勢を取る孝明天皇に繰り返し長州掃討を命じられ、最終的に強硬姿勢に転じた。

7月19日、京都蛤御門付近で長州藩兵と会津・桑名藩兵が衝突、ここに戦闘が勃発した。

いわゆる「禁門(蛤御門)の変」である。


一時長州勢は筑前藩が守る中立売門を突破して京都御所内に侵入するも、乾門を守る薩摩藩兵が援軍に駆けつけると形勢が逆転して敗退、御所内で来島又兵衛、久坂玄瑞、入江九一、寺島忠三郎らは戦死した。

帰趨が決した後、落ち延びる長州勢は長州藩屋敷に火を放ち逃走、会津勢も長州藩士の隠れているとされた中立売御門付近の家屋を攻撃した。

戦闘そのものは一日で終わったものの、この二箇所から上がった火で京都市街は21日朝にかけて「どんどん焼け」と呼ばれる大火に見舞われ、北は一条通から南は七条の東本願寺に至る広い範囲の街区や社寺が焼失した。

朝廷は京都御所へ向かって発砲を行ったことと、毛利敬親・定広の藩主父子が国司信濃に与えた軍令状が発見されたことを理由に、23日に毛利敬親の追討令を発し、幕府に対して長州征討の勅命を下す。

ここに長州藩は「朝敵」となった。


禁門の変で敗れた長州藩であったが、さらに新たな苦難に直面する。

8月5日、前年の馬関海峡に於ける外国船への砲撃の報復として、英国のキューパー中将を総司令官とするイギリス軍艦9隻、フランス軍艦3隻、オランダ軍艦4隻、アメリカ仮装軍艦1隻からからなり、総員約5000の四国連合艦隊の砲撃を受けることとなる。

「四国艦隊砲撃事件(下関戦争・馬関戦争)」である。

艦隊の来襲が近いことを知った長州藩は海峡通航を保障する止戦方針を決め、交渉を始めようとしたが、艦隊は既に戦闘態勢に入っており手遅れであった。

下関を守る長州藩の兵力は奇兵隊など2000人、砲約120門、禁門の変のため主力部隊を京都へ派遣していたこともあって弱体であった。

大砲の数が足りず、木製の砲をつくってダミーとすることもしていた。

8月5日午後、四国連合艦隊は長府城山から前田・壇ノ浦にかけての長州砲台群に猛砲撃を開始。

長州藩兵も応戦するが火力の差が圧倒的であり、砲台は次々に粉砕、沈黙させられ、四国連合艦隊は前田浜で砲撃支援の下で陸戦隊を降ろし、砲台を占拠して砲を破壊する。

6日、壇ノ浦砲台を守備していた奇兵隊軍監・山縣狂介は至近に投錨していた敵艦に砲撃して一時混乱に陥れるが、艦隊はすぐに態勢を立て直して発砲しつつ陸戦隊を降ろし、砲台を占拠して砲を破壊するとともに、一部は下関市街を目指して内陸部へ進軍して長州藩兵と交戦した。

7日、艦隊は彦島の砲台群を集中攻撃し、陸戦隊を上陸させ砲60門を鹵獲した。

8日までに下関の長州藩の砲台はことごとく破壊され、陸戦でも長州藩兵は旧式銃や槍弓矢しか持たず、新式の後装ライフル銃を持つ連合軍を相手に敗退。

8月8日、いよいよ進退極まった長州藩は、講和使節の使者に高杉晋作を任じた。

18日に長州藩は下関海峡の外国船の通航の自由、石炭・食物・水など外国船の必要品の売り渡し、悪天候時の船員の下関上陸の許可、下関砲台の撤去、賠償金300万ドルの支払いの5条件を受け入れて講和が成立した。


さらに追い打ちをかけるかのように、幕府は長州征討の勅命を受け、前の尾張藩主徳川慶勝を総督、越前藩主松平茂昭を副総督、薩摩藩士西郷隆盛を参謀に任じ、広島へ36藩15万の兵を集結させて長州へ進軍させる。

「第一次長州征伐」である。

長州藩内部では下関戦争の後に藩論が分裂し、三家老等の強硬派に代わって保守派が政権を握っていた。

征長総督参謀の西郷隆盛は、禁門の変の責任者である三家老(国司信濃・益田右衛門介・福原越後)の切腹、三条実美ら五卿の他藩への移転、山口城の破却を撤兵の条件として伝え、長州藩はこれに従い恭順を決定する。

幕府側はこの処置に不満であったが、12月には総督により撤兵令が発せられた。

しかしこの幕府側の不満は的中する。

翌1865年の長州藩の政変による倒幕政権の樹立と薩長同盟、1866年の第二次長州征伐と出征中の将軍・徳川家茂の急死により幕府権力は衰退し、1867年の孝明天皇崩御に伴う明治天皇即位、そして大政奉還と戊辰戦争・明治維新に発展していく。




続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
1977年生まれ。

10歳で「ノストラダムス」本を読み始め、14歳で加治木 義博氏の著書「真説 ノストラダムスの大予言」に出会う。

その後20歳を過ぎてから、生来の「不思議好き」「歴史好き」もあって、加治木氏の著書をもとに独自の考察を加えながら、本格的に「ノストラダムス」「古代日本史」の研究を趣味で始め、現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。