スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中国、対日経済制裁の発動で破綻?」 産経新聞記事より

先日、当ブログで「結局、領土問題で破滅するのは中・韓・露の3国」と述べたが、産経新聞に以下の記事を見つけた。(以下転載)


日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議し、北京の日本大使館前などで連日繰り広げられてきた反日デモは20日、前日に引き続き、中国の公安当局によって押さえ込まれ、中国当局の“対抗戦術”の中心が、艦船派遣や経済制裁といった第2段階に移っている。

日本企業は操業や営業を再開したが、日中貿易への影響や日中関係のさらなる悪化を懸念する声が、中国国内からも上がり始めている。

 日本との貿易に従事する中国企業の総支配人は共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報(英語版)に対し、「今後、経済制裁が強化され、中国国内の日本企業が操業を停止した場合、多くの中国人労働者が職を失う。仕事もなしに、どうやって家族を養うお金を稼ぐことができるのか」と述べた。

 さらに、「日本製品の輸入に関わる中国企業も顧客を失うことになる」として“破綻”の危険を指摘。外交上の対抗措置は支持しているものの、「民間レベルの経済交流は影響を受けるべきではない」と行き過ぎた経済制裁の発動に懸念を示した。

当局の姿勢を支持する学者でさえも、「経済制裁はもろ刃の剣だ。中国経済への影響も考慮しなければならない」と警鐘を鳴らしている。(転載終了)


いかがだろうか?

ノストラダムスが予言した内容の通りに事態が動いているのがお分かりだろう。


同じことは竹島を不法占拠している韓国にも言える。

韓国の主要輸出産業に発展した「韓流」の最大の輸出国は、日本だからだ。

「韓流」は日本を主要マーケットと位置づけてきたのだが、両国の関係が悪化すれば、当然日本人の中にも「嫌韓」の意識が強くなる。

そうなれば「韓流」は日本では見向きもされなくなることは必然だ。

となると日本のTV業界や音楽業界などは、視聴率や売上の取れない「韓流」を自然と扱わなくなる。

その時、ノストラダムスの言う様に、韓国もまた経済的に破綻を迎えることは間違いなく、日本の経済支援がどうしても必要になる。

しかし日本は領土問題から経済支援を渋り、韓国はノストラダムスが言う様に、「霧雨の日の光を浪費する」事になるのだ。


スポンサーサイト

第三次大戦の引き金?アラブ諸国の反米デモ

今年の元日と1月3日、私は当ブログにノストラダムスの予言詩を引用して記事を書いたのをご記憶だろうか。


----------------------------------------------------------------------------------------

<2012年1月1日の記事>

1巻の9

オリエントからカルタゴ魂が来る

アドリア人と黒いローマ人を魅惑する

軍隊に同行するのはリビア人

マルタと近隣の島々、震え上がる



「オリエント」は今の中近東。

「カルタゴ」は今のリビアを中心に栄えたフェニキア人の植民国家で、「狡猾、不誠実、裏切り者」の代名詞。

その「狡猾で不誠実な裏切り者」の「カルタゴ魂」を持った支配者が「オリエント=中近東」からやって来る。

<中略>

そして「軍隊」とあるのだから、この「中近東から来るカルタゴ魂の支配者」は、軍隊を引き連れている事が分かり、そのイスラム教徒軍とリビア軍が一緒になって、マルタ島付近の地中海に進出し、当然付近の島々の人たちは、恐怖に「震え上がる」事になる。



<1月3日の記事>

またこのマルタ島の危機が、「1巻の9」にある「イタリア紛争」に際し、「イスラム・リビア連合軍が地中海に進出した時」だとすれば、「アフリカの大物」とは「カダフィ氏の跡を継いだリビアの新しい独裁者」の事になる。


----------------------------------------------------------------------------------------

当時はリビアのカダフィ政権が倒れた後でであり、まさかリビアがまた暴走するなど考えてもいなかった方がほとんどだろう。

しかしアラブ各国に発生した「反米デモ」は、リビアを再び暴走させるに至った

----------------------------------------------------------------------------------------

リビアやエジプトで発生したイスラム教の預言者をからかう米映画に反発する民衆の反米デモは12日夜(日本時間13日未明)、チュニジアなど周辺国に飛び火し、イスラム圏全域へと拡大する様相を見せ始めた。

リビア東部ベンガジの米領事館襲撃事件について、米政府内では、米同時テロから11年の機会をとらえた計画的テロとの見方も浮上している。

チュニジアの首都チュニスでは12日、米大使館前に集まった約50人が米国旗を燃やした。エジプト・カイロの米大使館前のデモは、12日も夜通し行われた。モロッコやスーダン、パレスチナ自治区ガザ市でもデモがあった。

襲撃事件では、米領事館内にいたクリストファー・スティーブンス駐リビア大使(52)と職員3人が死亡。米政府高官は12日、襲撃は「計画された軍事攻撃なのは明白だ」と述べ、米映画への抗議行動が過激化した結果ではなく、武装勢力による計画的犯行との見方を示した。米当局のテロ対策担当者もAP通信に、「(襲撃が)自然発生したと見るには、連携がとれ、訓練され過ぎている」と述べた。

ロイター通信は、米領事館職員の誘導に当たったリビア政府系民兵組織幹部の話として、米国人37人が領事館などから退避した秘密の避難場所が11日夜、武装勢力によって正確に砲撃された事実を明らかにした。

(2012年9月13日13時42分 読売新聞より転載)

----------------------------------------------------------------------------------------

私はノストラダムスの予言をもとに、「イスラム軍が欧州に侵攻して第三次大戦が起こる」と予測していたが、どうやらアメリカによってその引き金が引かれてしまったようだ…

今後も予言詩をもとに、必要な情報を掲載していこうと思う。


テーマ : 予言に関するもの
ジャンル :

ノストラダムスで見る、日本の領土問題②

「ノストラダムスで見る、日本の領土問題①」で、「破滅」と言ったが、4巻の84には「哀れに滅びる」との表現の以下の詩がある。


4巻の84

ダウセリの大物、とても哀れに滅びる

連中を追放する光った連中のもとに出廷する

きつく鎖で縛った後に、耐え難い1本のロープ

その年、マルスは出廷する金星と太陽を覆う



この「ダウセリの大物」との謎の名詞であるが、加治木 義博氏によると「ダウセリ」とは、「証券の代名詞であるダウを競る=ダウ競り」との意味で、証券界・経済界の大物の事。

その大物が「哀れに滅びる」のだ言う。

ここでふと思い浮かんだのが、9月10日夕方に自殺したとみられている松下忠洋郵政民営化・金融担当大臣だ。

松下大臣は金融担当であるから、「証券界・経済界を取りまとめる大物」と言っても過言ではない。

その大臣が自殺という形で「哀れに滅んで」しまった。


しかし「連中を追放する光った連中のもとに出廷する」人物がいるのだから、滅びるのは松下大臣だけではない様だ。

「連中を追放する光った連中」とは、不正取引などに目を光らせている警察や司法当局、公正取引委員会など。

「きつく鎖で縛った後に、耐え難い1本のロープ」とは、手錠をかけられた上に腰縄を付けられた、犯人が逮捕された後の様子。

これは証券不祥事や汚職事件などが多発すると言った予言だ。


そして「その年、マルスは出廷する金星と太陽を覆う」のだと言う。

「マルス」は火星で「軍事」の事、「金星」は中国、「太陽」は日本の比喩。

これから読み取れるのは、「金融・証券不祥事が起こったその年、中国と日本が軍事問題で出廷する」との予言だ。

今現在、日中間での最大の懸案は尖閣諸島の領有権問題だから、尖閣諸島をめぐって両国間で軍事に関係する何らかの小競り合いが生じる可能性が高い。

しかし両国は「出廷する」のだから、これは国連安保理かハーグの国際司法裁判所であり、本格的な武力衝突にはこの時点では至らないとの意味。


いずれにしてもノストラダムスが教えてくれている、「金融・証券不祥事が起こる年」に注意が必要だ。







ノストラダムスに見る、日本の領土問題①

久しぶりに「ノストラダムス」を…


ここ数カ月、我が国の抱える領土問題が一気に再燃している。

7月、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土を訪問。

8月、韓国の李明博大統領が竹島を訪問。

同じく8月、中国の「自称」活動家らが尖閣諸島に上陸。


ノストラダムスはその予言集の中で、日本の領土問題を以下の様に予言している。


6巻の25

その王政に反対のための戦いだろう

漁師が大きな紛争で破滅させる

その階級制の赤い首脳を選ぶ、赤い革製の囮

彼らは皮肉にも霧雨の日の光を浪費する



「王政に反対のための戦い」とは、旧ソ連が天皇を国家元首に頂いていた「大日本帝国」に対し、不可侵条約を破って宣戦布告し、北方領土を不法に奪ったこと。

また韓国の李大統領の「天皇に謝罪を要求する」との発言や、中国の反日デモが掲げる「打倒日本帝国主義」などのスローガンもこれに当たる。

つまり、「王政に反対=天皇制に反対=反日」なのだ。


「漁師が大きな紛争で破滅させる」とは、記憶に新しい、尖閣諸島で中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりしたあの事件だ。

この事件で日本当局が取った生ぬるい対応に、中・韓・露の3国は「日本恐るに足らず」との思いを抱き、今日の事態に至っている。


「階級制の赤い首脳を選ぶ」とは、中国の全国人民代議員大会(全人代)。確かに今年10月には全人代で新たな中国首脳部が選ばれるが、しかしそれは「赤い革製の囮」なのだと言う。

これはどう言う事だろう?新中国指導部は、胡錦涛・温家宝の傀儡政権だとでも言うのだろうか?

そう言えばロシアではプーチンが再び大統領に就任し、前大統領のメドベージェフはプーチンと交代で首相となった。

ロシアもかつてはソ連として共産国家だったから、「その階級制の赤い首脳を選ぶ、赤い革製の囮」との表現が合わないことはない。

この場合だと「ロシアの大統領選挙は国民を納得させるための囮=一種のデモンストレーション」だったと取れなくないから、これは「権力の移譲が形骸化している様子」と見るべきだろう。

しかしこの3国は、領土問題で日本と対立していながら、対日貿易なくしては経済が成り立たない。

これが「彼らは皮肉にも」と言う事である。

領土問題で貿易が途絶えれば、彼らには「霧雨の間からわずかに降り注ぐ日の光」ほどしか対日貿易での利益を得ることができない。

そしてそれすらも「浪費する」のだから、国内の経済発展にうまく活かすことができない。


結局この問題で「破滅」するのは日本ではなく、中・韓・露の3国の様だ。




続く

謎の神武東征㊲ 脱解王記検証 ①

『脱解、本来は多婆那国で生まれた。その国は倭国の東北一千里に在る』

これに関してはすでに検証が済んでいる。

『初め、その国王は女国の王女を娶って妻とした』

「多婆那国=龍城国の龍王は、女国の王女を妻とした」との意味だが、女性しか居ない国など存在しないから、この「女国」は、「女=オンナ=恩納」で沖縄の「恩納村=オンナソン」ではなかろうか。

『懐妊から七年、大きな卵を産んだが、王は「人にして卵を生むのは不祥である。適当に廃棄せよ」と言った』

胎児が七年も母親の胎内に居る事は通常有り得ないから、これは「国王の妻となって七年目に懐妊した」とする方が自然だ。

しかし生まれたのは「大きな卵」だったため、国王はこれを不吉だとして破棄するように命じたと言う。

これは高句麗の始祖・朱蒙が同じく卵生で、「王は卵を犬や豚の傍に捨てさせた」とする記述と共通している。

『その王女は忍び難く、絹布に卵を包み、宝物と一緒に棺(ひつぎ)の中に安置し、海に浮べ、その行く先を(潮流に)任せた』

これは『古事記』において国産みの際、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神である蛭子(ヒルコ)が、葦の舟に入れられてオノゴロ島から流されてしまう神話にそっくりである。

その「蛭子(ヒルコ)」も骨のない奇形であり、不祥とされた事も一致する。

『初めは金官国の海辺に着いたが、金官人はこれを怪しんで取得せず。また、辰韓の阿珍浦海岸に漂着した』

この「金官国」は「ソナカシチ=ツヌガアラシト=仲哀天皇」の出身地とされている「意富加羅国=倭トカラ国」の事だから、「トカラ列島」。

トカラ列島の人々は、流れ着いた船を怪しがって拾わず、船はまた潮流に流されて「辰韓の阿珍浦海岸」に漂着した。

この「阿珍浦」は「辰韓の」と注釈があるから、「古代朝鮮の辰韓」と思われてきたが、「阿珍浦=アチンウラ」だとするとこれは「アチの浦」と読め、「チ=キ」だと考えると「アキの浦」だ。

となるとこれは「アキ=安芸=開き=ヒラキ=開聞」の事で、鹿児島新羅があった場所であり、「昔氏が倭の但馬(タジマ=多児国)から渡ってきて新羅王となった」とする伝承と一致するではないか!

残る問題は「辰韓の阿珍浦海岸」とする記述だが、「辰韓=タツガラ=龍ヶ国」だとすればこれは「龍城国」の事であり、脱解が新羅王となった後で、自分の出身国である「龍城国」を新たに国名としたと見るべきだ。

以上から「辰韓の阿珍浦海岸」は「龍ヶ国の開聞の浦の海岸」を指していると見ていい。

これを裏付けるように、開聞地区を南に行った鹿児島県薩摩半島の最南端である長崎鼻には、「竜宮神社」が存在している。

また開聞町川尻には、「蛭子地区」が存在する。

「蛭子」は先に説明した様に、脱解王と同じく海に流された、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)の子だ。

鹿児島新羅のあった開聞地区に、ともに親によって海に流された「脱解王」と「蛭子」に関連する地名が残っているとすれば、この2つの物語は元々同じものであった可能性が高いと言える。





続く

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

謎の神武東征㊱ 「新羅脱解王」にまつわる謎

「浦島太郎」が「伊支馬」と同一人物だったことは分かった。

では彼を助けた「龍城国」や「龍王」とは何を意味するのだろう。

『三国遺事』には、「龍城国ではかつて二十八人の龍王が人の胎内から生まれ、自ら五~六歳で王位を継承し、万民に正しい生き方を修めさせた」とある。

しかしこの「龍城国」は種子島にあった国で、新羅の「アメノヒボコ(天の昔氏)」によって攻め取られた、倭国連邦の「多児国(タジマ)」であったはずだ。

そして昔氏の王である「脱解王」の以前に「二十八人の龍王がいた」のだから、「種子島の龍城国を二十八人の龍王が代々治めた」のではなく、「二十八人の龍王が代々領土を拡大し、脱解王の代には龍城国の中心が種子島に置かれていた」と見るべきである。

となると「昔氏の王」は代々「龍王」を名乗っていたことになり、「アメノヒボコ」もその「二十八人の龍王のひとり」と言える。


ところでこの「脱解王」には、『三国史記・新羅本紀』に以下の神話がある。

『脱解、本来は多婆那国で生まれた。その国は倭国の東北一千里に在る。
初め、その国王は女国の王女を娶って妻とした。懐妊から七年、大きな卵を産んだが、王は「人にして卵を生むのは不祥である。適当に廃棄せよ」と言った。
その王女は忍び難く、絹布に卵を包み、宝物と一緒に棺(ひつぎ)の中に安置し、海に浮べ、その行く先任を(潮流に)任せた。
初めは金官国の海辺に着いたが、金官人はこれを怪しんで取得せず。
また、辰韓の阿珍浦海岸に漂着した。これは始祖・赫居世の在位三十九年のことである。
その時、海辺の老婆が(船を)縄で引き寄せて海岸に繋留させた。これを開けて見ると、一人の童児が中にいた。その老婆はこれを拾得して養育した。
成長すると身長九尺、風貌は秀逸で明朗、智識は人に優れていた。
ある人の曰く「この児の氏素性は分からないが、流れ着いた時に一羽の鵲(カササギ)が飛来し、鳴きながら随伴したので、この鵲の字を省略して、昔を姓とした。また、箱を解いて出てきたのだから、脱解と名付ける』


「脱解王」は卵から生まれ、海に流された後に老婆に拾われて育てられたのだという。

「卵から生まれる」とは、高句麗の始祖「朱蒙」や新羅の始祖「赫居世」にも見られる話だが、この伝承、どこか「桃太郎」を想像させないだろうか?

次回はこの伝承を詳しく検証してみたい。




続く






謎の神武東征㉟ 浦島太郎は「大国の伊支馬大王」

「浦島太郎」と「海幸山幸」の2つの物語には、非常に多くの共通点を持ち、「ホオリ(山幸)」も「浦島太郎」も共に竜宮に行った人物であるから、両者は同一人物と考えてもおかしくはない。

しかしなぜ「ホオリ」は「浦島太郎」と呼ばれるようになったのだろう?

これは「浦島太郎」の作者が、「海幸山幸」の神話を内容をかいつまんで脚色した際に、主人公に「浦島太郎」との名をつけたとも考えられる。

しかしこの「浦島太郎」との名乗りには、実は重大な秘密が隠されていたのだ。

まず「浦」は「大=ウ・国=ラ」と当て字できる。

そして私たちは「ホオリ」「神武天皇」「位宮」「伊支馬」などが全て同一人物だったことを知っているから、「島=シマ」は「伊支馬=イシマ」の「伊=イ」が抜けたものだと考えると、「浦島=ウラシマ=ウラィシマ=大国伊支馬」だ。

さらに「太郎=タロウ」の戦前までの読み仮名表記は「タラウ」で、これも「大=タ・国=ラ・王=ウ」と当て字できるから…

何と!「浦島太郎」は、実は「大国の伊支馬大王」との意味だったのだ!

やはり「ホオリ」は「伊支馬」として「竜宮」のある「多婆那国=龍城国=種子島」を訪れており、後に彼は「大国の伊支馬大王」を意味する「ウラィシマ・タラウ=浦島太郎」と呼ばれたのだ!





続く
プロフィール

yoshi

Author:yoshi
1977年生まれ。

10歳で「ノストラダムス」本を読み始め、14歳で加治木 義博氏の著書「真説 ノストラダムスの大予言」に出会う。

その後20歳を過ぎてから、生来の「不思議好き」「歴史好き」もあって、加治木氏の著書をもとに独自の考察を加えながら、本格的に「ノストラダムス」「古代日本史」の研究を趣味で始め、現在に至る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。